お知らせ 2014年8月

img-822153946-0001.tif8月15日からの豪雨により、土砂崩れなどによる家屋の倒壊、床上浸水等の被害がでています。福井県共同募金会では被害を受けられた方々を支援するため義援金の募集を実施しています。

・平成26年広島県大雨災害義援金
・平成26年8月京都府豪雨災害義援金
・丹波市豪雨義援金
・平成26年徳島県台風11・12号災害義援金


BASARA4_ClearFile_p.jpg
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (画像転載禁止)

寄付いただいた方に戦国BASARA4のクリアファイルをプレゼント。

社会福祉法人中央共同募金会は、昨年に引き続き、株式会社カプコン(代表取締役社長COO:辻本春弘)の協力により、「『戦国BASARA4』×『赤い羽根共同募金』コラボレーション」を実施します。人気アクションゲーム『戦国BASARA4』とのコラボレーションによる啓発ポスターや、啓発グッズ(クリアファイル、缶バッジ)を制作しました。また、ポスターデザインは、壁紙募金アプリとして、10月~翌3月まで、期間限定でダウンロードも可能となります。

昨年度のコラボレーションは、34都道府県の共同募金会において展開されました。各地で、若い世代を中心に反響を呼び、地域課題への関心を誘うと共に、「変わる、共同募金」を深く印象付けました。
今年度は、昨年の好評をうけてさらに実施地域が広がり、40都道府県共同募金会および中央共同募金会で実施します。

今年のポスターには、『戦国BASARA4』のキャラクターのうち、伊達政宗、石田三成、島左近、柴田勝家の4武将を配し、「赤い羽根共同募金の陣、開幕!」と躍動感をもって、若い世代への一層のアピールをはかります。クリアファイルの裏面では、「赤」をイメージカラーとする真田幸村ほか『戦国BASARA4』の人気武将たちが、赤い羽根共同募金の解説を彩ります。
また、今年初登場のコラボ缶バッジでは、メインキャラクターの伊達政宗が赤い羽根とコラボし、ガチャガチャ募金などにも活用される予定です。
これらのコラボ資材は、10月から始まる赤い羽根共同募金運動の啓発ツールやご寄付のしるしとして、各地で活用されます。

中央共同募金会では、本コラボレーションによって、より多くの方々に「赤い羽根共同募金」への関心や親しみを持っていただきたいと考えます。特にゲーム世代である10代~30代の若い世代の皆さんに、本企画を通じて、地域の課題を知り共同募金運動に共感していただくこと、そして皆さんの思いを課題解決につなげることを、目的としています。

協賛・協力・監修 株式会社 カプコン

■株式会社 カプコンとは
http://www.capcom.co.jp/
ゲームというエンターテインメントを通じて「遊文化」をクリエイトするゲームソフトメーカー(本社所在地:大阪市、代表取締役社長COO:辻本春弘)。
オリジナリティあふれる世界有数のゲームソフト開発力を強みに、世界中で数多くの作品を展開。2013年6月に創業30周年を迎えた。
主な作品:戦国BASARA、バイオハザード、モンスターハンター、逆転裁判ほか

■戦国BASARA(せんごくばさら)シリーズとは
公式サイトwww.capcom.co.jp/basara/
群雄割拠の戦国時代を舞台とし個性溢れる戦国武将を操り一騎当千の爽快なアクションが楽しめるスタイリッシュ英雄(HERO)アクションゲーム。史実をベースに斬新な世界観で、若い層を中心に人気を博す。TVアニメ、劇場版アニメ・TVドラマ、舞台、宝塚歌劇公演、漫画、小説などあらゆるメディアで幅広く展開。本シリーズのヒットにより、空前の歴史ブームが訪れた。2009年の宮城県知事選で、広報用ポスターに伊達政宗が使用されるなど、武将ゆかりの地など地方自治体とのコラボレーションも増えている。

■お問合せ先
中央共同募金会 企画広報部(戦国BASARA4 コラボ担当)
電話 03-3581-3846 
--------------------------------------------------
寄付いただいた方に戦国BASARA4のクリアファイルをプレゼントしています。

【株式会社カプコン】戦国BASARA4×赤い羽根 コラボレーションのサイト
http://www.capcom.co.jp/information/basara/etc/20130820_7446.html

img-822153946-0001.tif8月19日深夜から20日未明にかけ、広島市を中心に局地的な豪雨となり、土砂崩れなどによる家屋の倒壊など甚大な被害がでています。福井県共同募金会では被害を受けられた方々を支援するため義援金の募集を実施しています。

平成26年7月9日の台風第8号に伴う大雨は、長野県内各地に大きな被害をもたらし、特に南木曽町では猛烈な降雨により大規模な土石流が発生し尊い人命が失われ、多くの住宅が全半壊、床上浸水等の被害を受け、同町に災害救助法が適用されました。
長野県共同募金会では、台風8号により被害を受けた南木曽町への支援を実施するため、義援金受入口座を開設いたしましたのでお知らせします。

  記

1 義援金の名称 「7.9南木曽町豪雨災害義援金」

2 受付期間 平成26年8月29日(金)まで

3 義援金受入れ
(1)郵便振替口座(受付期間内は、送金手数料免除)
 口座番号:00160-6-486197
 口座名義:長野県共同募金会南木曽町豪雨災害義援金
 【通信欄に「7.9南木曽町豪雨災害義援金」と記入のこと】

(2)現金書留(受付期間内は、郵便料金免除)
  宛先:〒380-0871 長野市西長野143-8 長野県自治会館内 社会福祉法人長野県共同募金会 あて
  【郵便物の左上部に「救助用」と記入のこと】

4 義援金の拠出
長野県共同募金会で取りまとめた義援金は、南木曽町が設置する「7.9南木曽町豪雨災害義援金配分委員会」に拠出し、同委員会を通じて被災者に配分されます。

5 義援金の課税上の取扱い
この義援金は、所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号に規定する「国又は地方公共団体に対する寄附金」に該当します。各金融機関等での振込金受領書又は本会発行の領収書をもって税法上の優遇措置対象となります。

6 領収書の発行
寄付者が義援金について税制上の優遇措置(所得税、法人税)を希望する場合、申し出により後日領収書を発行する。

7 その他
災害義援金のみを取り扱い、救援物資・物品は取り扱わない。

8 問合せ先
社会福祉法人長野県共同募金会
〒380-0871 長野市西長野143-8 長野県自治会館内
(TEL)026(234)6813
(FAX)026(234)3024
(E-mail) nkyobo@wonder.ocn.ne.jp

公益財団法人大和証券福祉財団では、在宅老人、障がい児・者、児童問題等に対するボランティア活動を支援するために助成申請の募集を公募で実施しています。

応募資格: ボランティア活動を目的とした団体・グループ
学生・若者のボランティア活動も積極的に支援します。
(申込みに際しては、社会福祉協議会若しくは共同募金会の推薦を必ず受けてください。)
※平成23年度(第18回)以降に当財団の助成を受けた団体・グループは、本年度の応募資格はありません。

助成金:上限額 30万円 (1団体当たり) 総額3,500万円 (上限 3,800万円)

応募期間:平成26年8月1日~平成26年9月15日(当日消印有効)

助成対象期間 :平成27年1月1日~平成27年12月31日の活動に対して助成 応募方法 所定の申込書を当財団事務局宛にご郵送ください。 申込書以外の資料添付は認められません。 申込書請求 下記よりダウンロードの上、ご利用ください。
ボランティア活動助成申込書(PDF形式/全2ページ)(19KB)
ボランティア活動助成申込書(WORD形式/全2ページ)(75KB)

助成決定: 平成26年12月中旬 発表方法 代表者宛に文書にて通知します。
なお、不採択に関わる理由等についてはお知らせできません。

助成金贈呈: 平成26年12月下旬より平成27年3月中旬までに贈呈します。 報告書の提出 採用された場合は、平成28年1月末日迄に「助成報告書」を提出していただきます。 個人情報について 申込書に記入された個人情報は厳重に管理し、助成応募のみに使用いたします。助成対象となった場合、財団ホームページ等に市区町村名、団体名、代表者名、助成内容を公表させていただきます。

申込書送付先 :
〒104-0031
東京都中央区京橋1-2-1 大和八重洲ビル
公益財団法人 大和証券福祉財団事務局
TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014
詳しくはこちらのホームページを参照ください。