• slider_temagatabokin.jpg.jpg
  • 高校生×製菓店×赤い羽根のコラボ商品できました。
    若狭東高等学校栽培研究部では、薬用植物「コウギク」の産地化を目指して栽培や商品化に取り組んでおり、若狭町の製菓店「岡本善七製菓」の指導のもと、コウギクの花を粉末にしたものを抹茶クリームにあわせ『生どらやき「和~なごみ~」』を開発しました。 51544795_2170580619670448_4651130839160061952_n.jpg

    高校×製菓×赤い羽根のコラボ商品できました。

    社会福祉法人北日野こもれび会と覚書を締結しました。
    12月26日に福井県社会福祉センターで越前市の社会福祉法人北日野こもれび会と「豆乳おからクッキー」の売り上げ、1枚につき一円を寄付する覚書を締結しました。 福井県共同募金会では、8月に「じぶんの町を良くする募金アイディア、大募集」と題して、誰もが参加でき、気軽に寄付ができる募金企画を募集したところ、10の団体から企画の提案がありました。 提案のあった企画の中でも、北日野こもれび会の「乳酸菌入り 豆乳おからクッキー」企画は、最も優秀な団体が表彰される、ベスト募金アイディア大賞に選ばれ、新しい募金として、最も期待が寄せられた企画です。 DSC00507.JPG クッキーは北日野こもれび会が考案し開発したもので、国産大豆のおからに豆乳や乳酸菌を加えているのが特徴です。70グラム入り350円で一袋(20枚入り)につき、20円が共同募金会に寄付されます。 覚書調印式には北日野こもれび会 田辺義昭理事長や利用者、担当者が出席し、福井県共同募金会高松康二専務理事と覚書に調印しました。 DSC00502.JPG 今回の企画について、担当 森本由香里様より、ご紹介いただきました。 利用者.jpg 施設では、生産ラインを増設する予定。  覚書調印式には、クッキーを焼いていただく担当者に来ていただきました。 豆乳おからクッキーについて詳しくは「こちら」にて おからクッキー.tif

    寄付金付きクッキーで北日野こもれび会と覚書を締結

    寄付金付き「豆乳おからクッキー」できました。
    おからクッキー.jpg
    ■寄付金付きクッキーで健康と募金を!! 社会福祉法人北日野こもれび会では、12月26日から、ネット販売で全国から好評を得ております乳酸菌入り「豆乳おからクッキー」20枚入りを小袋に入れ、県内向け商品として 一袋につき20円の寄付金付き商品として販売します。
    ■乳酸菌入り「豆乳おからクッキー」はどんな商品? 乳酸菌入りなので、整腸作用をサポートする善玉菌の増加をサポートします。 クッキー1枚(約4g)で乳酸菌摂取量は100億個!!も含まれています。 乳酸菌が10倍.jpg
    ■自信を持っておすすめ出来るわけは?? sozai.jpg作り方にこだわっています!  人の手で材料を混ぜ合わせ、型抜きも1枚1枚手で抜いています。 「高温」と「低温」の2度焼きで中までしっかり火が通りカリッと食感材料に自信があります!
    「小麦粉」「豆乳」も国産品です。 作り方にこだわる.jpg 無添加にこだわったお豆腐屋さんの「おから」をその日の朝出来たものを使用しています。




    ■取引先・販売先 ・県立図書館内「カフィリーズ」 ・道の駅「西山公園」 ・道の駅「若狭熊川宿」 ・ハーツ ・ネット販売「天然生活」 各種販売会など (ご理解いただける店舗募集中です)
    ■お問い合わせ 商品についてのお問い合わせは、「社会福祉法人北日野こもれび会ピープルファン

    寄付金付き商品「おからクッキー」販売開始!

    災害義援金の募集について
    災害イメージ.jpg

    福井県共同募金会では、災害の被害状況に応じて被災者支援のための義援金募集を行っています。
    共同募金会が取りまとめた義援金については、被災県の行政や報道関係者などで構成される義援金配分委員会で決定し、災害見舞金として被災者へ届けます。

    災害義援金の募集について

    baner.jpg

    障がいがあっても健康を維持したい!

    さくらハウス(小).jpg発達障がいをかかえた人たちは、引きこもりを経験しています。活動量が少なく、肥満から糖尿病になることもすくなくありません。(さくらハウス)


    高次脳機能障害って何?

    福笑井.JPG外見ではわかりにくい障害です。この障害を多くの方に知ってもらい理解して欲しい。そしてもっともっと社会とつながりたいと思っています。 (高次脳機能障害者と家族の会「福笑井」)

    ハンセン病回復者からお手紙が届きました。

    hannsen.jpg全国に20名の福井県出身者が療養所で暮らしています。(写真は2010年12月に訪問したとき撮影)

    認知症、ひとりで悩まないで。

    家族の会県支部 つどいの画像.jpg認知症を介護している家族は、「なぜ私だけがこのような目にあうの」「誰も私の話を聴いてくれない」と、孤独感に苦しみ悩んでいます。(認知症の人と家族の会福井県支部)

    災害時、すぐ必要な支援に。

    南三陸町災害VC.gif近年、地震・豪雨災害など自然災害が多発していることから、災害をテーマとした「準備金」の募金を募っています。(福井県共同募金会)