お知らせ

○新型コロナウイルス感染症の影響により日常生活に困難を抱える子どもと家族の支援活動(令和2年5月22日締切)については、5団体、申請額1,370,000円の応募をいただき、審査の結果、4団体、1,100,000円の助成を決定いたしましたので公表します。

○助成決定団体の活動・精算報告書の提出と請求方法については、手引き、精算報告書の様式が下記リンクからダウンロードできますのでご活用ください(決定通知にも同封します)

〇6月末まで本キャンペーンの寄付金の受付を実施していますので、活動団体におかれても周知等のご協力をいただきますようお願いいたします。


団体名 事業内容 助成額
女性の社会生活活動部フルード 県内のひとり親家庭の緊急食料品支援 290,000円
子ども食堂、フードバンク、無料学習塾『桜』 福井市内のひとり親家庭の緊急食料支援 300,000円
大野市母子寡婦福祉連合会 大野市内のひとり親家庭の食事の支援 300,000円
こども食堂 まる あわら市内のひとり親家庭の食料品支援 210,000円
《様式のダウンロード》
子どもと家族の支援活動助成金の活用および精算報告について.doc
精算報告書様式.doc
・【参考】01_子どもと家族の緊急支援助成要領.pdf 

5月より、全国の共同募金会では、中央共同募金会が3月より実施してきた赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援活動募金」を拡大し、「支える人を支えよう!赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン」を展開しています。

このたび、この全国キャンペーンの一環として、新型コロナウイルス感染対応としてのSTAY HOMEの呼びかけが続く中で、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、経済状況悪化のため仕事や家を失った人々、家に留まらなければならないストレスから家庭内暴力(DV)のおそれが高まっている家庭など、様々な理由から居場所を失い、孤立する人々に対する緊急的な支援活動を資金面から応援し、このコロナ禍において「誰一人取り残さない(leave no one behind)」社会をつくることを目的として、新たに「居場所を失った人への緊急活動応援助成」を実施します。

助成概要は以下のとおりです。詳細は応募要項をご確認のうえご応募ください。

【助成概要】
●助成金額・規模
○1団体あたりの助成上限は300万円
○公的な補助や他の団体による助成を受けていない活動(事業)を対象とします
○ただし、他の助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募できるものとします
○第1回助成総額は3,000万円を予定
○寄付の状況によっては、第2回目以降の助成公募を行う可能性があります

●助成対象団体
○社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
○応募時点で団体が設立されており、助成対象事業の実施体制が整っていること(活動年数は不問)
○反社会的勢力および反社会的勢力と密接な関わりがある団体でないこと

●応募締切  2020年6月8日(月)必着

●応募方法
下記から応募要項および応募書①②をダウンロードし、応募書①と②に記入のうえ、必要書類を添付して、応募要項に記載の応募先へEmailでご応募ください。
居場所を失った人への緊急活動応援助成応募要項 
居場所を失った人への緊急活動応援助成応募書①.doc
居場所を失った人への緊急活動応援助成応募書②.xls


■福井銀行

銀 行 名:福井銀行学園出張所
預金種類:普通
口座番号:6032550
口座名義:社会福祉法人福井県共同募金会
フリガナ:シャカイフクシホウジン フクイケンキョウドウボキンカイ

※本・支店扱いの送金手数料は免除です。
※領収書を必要とされる場合は、「寄付申込書」に必要事項をご記入いただき、担当までFAX、E-mailによりお送りください。


■ゆうちょ銀行

口座番号:00750-4-350
口座名義:社会福祉法人福井県共同募金会

※送金手数料は免除です。
※通信欄に「子どもと家族の緊急支援」と記入してください。「領収書希望」と記入いただければ、記入された住所に領収書をお送りします。



領収書のお申込み

ご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付として、所得税、法人税の優遇の対象となります。
領収書を必要とされる場合は、「寄付申込書」の様式にご記入いただき、本会までFAXかメールでお送りください。(領収書の発行まで時間をいただきますことご承知ください)

●寄付申込書のメールフォーム
●寄付申込書.xlsx




お問い合わせ先

社会福祉法人福井県共同募金会(担当:鷹尾)
〒910-0026 福井県福井市光陽2-3-22県社会福祉センター内
TEL:0776-22-1657 FAX:0776-22-3093
E-mail:akaihane@mx2.fctv.ne.jp

5月1日から5月21日までの間、スマホ決済サービス「PayPay」のアプリのデザインを変更できる支援アイテム(きせかえ)を購入いただくと、購入額から消費税を差し引いた売上金全額が、PayPayから、赤い羽根子どもと家族の応援募金への支援となります。
「きせかえ」は、特設ページにおいて、300円(税込)でご購入いただけます。
PAYPAY.png

 今後、感染拡大及び緊急事態宣言の延長をうけ、地域の子どもたちとその家族をめぐる生活課題が、長期化、深刻化していくことが強く憂慮される事態となっています。

 福井県共同募金会では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、地域で増加すると考えられる子どもと家族をめぐる生活課題に対して、福井県内で少しでも解決しようと取り組む活動を応援する寄付金を受付ます。

[活用例]
・子どもたちに安全な居場所や食事を提供する活動
・生活困窮世帯に食材を届ける活動
・ひとり親家庭など毎日の食事の準備や子育てが大変な家庭を支える活動など

 1人でも多くの子どもたちや家族、1つでも多くの支援活動を応援するために、皆さまのあたたかいご支援を、どうぞよろしくお願いします。

中央共同募金会では、新型コロナウィルス感染防止に伴う臨時休校措置に際して、「社会的に孤立することが懸念される子どもや保護者を緊急的に支援する活動」を展開する団体を資金面から支援するため、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう緊急支援助成事業」を実施しています。これまで2回の助成公募を行い、344団体に対し総額2,628万円の助成を決定したところです。

この事業では、3月2日~4月上旬の新学期までを助成対象期間としておりましたが、4月上旬以降も臨時休校措置が延長される地域が出てきたこと、また、並行してご協力を呼びかけてまいりました、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」に対して多くのご寄付が寄せられたことから、このたび、第3回の助成公募を行うことといたしましたので、お知らせします。

第3回助成公募は4月7日(火)から中央共同募金会のホームページで開始する予定です。

3月以降の臨時休校措置に際して、子どもやその保護者を緊急的に支援する活動を引き続き展開されておられる団体の皆さま、ぜひ応募をご検討ください。


*お問い合わせ
社会福祉法人中央共同募金会
〒100-0013 千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階
電話:03-3581-3846 FAX:03-3581-5755


koubo01.png

福井県共同募金会では、地域に暮らす方々が共にたすけあい、安心して生活が送れるような地域社会づくりをめざして、地域や社会を少しでも良くしようとがんばっているボランティアグループやNPO・市民団体に対し助成を行います。

助成申請募集のおしらせ