お知らせ 助成情報

NHK歳末.jpg
NHK歳末たすけあい助成申請を募集中。
助成額は1事業50万円以内、応募締切は10月15日までです。
事業の詳細について

2募金アイディア大募集.png

誰もが参加でき、たのしく寄付できる企画や
みんなでつながり、広がるような
募金の企画を求めています。

締切:30年8月24日(金)
対象:企業、学校、ボランティアなど(法人格は問いません)
条件:共同募金で、寄付金募集を実施できる団体。
支援:20万円を支援します。

くわしい募集のお知らせ

dsf_mainimg.jpg

公益財団法人大和証券福祉財団では、在宅老人、障がい児・者、児童問題等に対するボランティア活動を支援するために助成申請の募集を公募で実施しています。

volunteer_logo.png 中央共同募金会では、平成30年7月豪雨災害の被災地で活動するボランティアグループ、NPOなどの活動にかかる資金を助成し、ボランティア活動を支援することで、被災された方々を支えるため、「平成30年7月豪雨災害 ボランティア・NPO活動サポート募金(以下、ボラサポ・豪雨災害)」を実施しています。

このたび、多くの個人、企業のみなさまからのご寄付をもとに、第1回助成事業の応募受付を開始することになりましたのでお知らせいたします。

今回は、平成30年7月5日以降、10月31日までに実施され、活動期間が30日以下である短期活動を対象とします。

応募受付期間は、8月3日(金)より8月20日(月)必着です。

詳しくは、応募要項をご覧ください。

「支える人を支える」活動支援金をご活用いただけるボランティアグループ・NPOなど、みなさまのご応募をお待ちしております。

<応募についてはこちら>

<「ボラサポ・豪雨災害」ヘのご寄付をお願いしております>

被災地では、さまざまな支援が必要とされています。

被災された方々を支えるボランティア活動を支えるため、ご協力をお願いいたします。

助成を希望される方は、福井県共同募金会が窓口になっておりますのでご連絡ください。

1 助成対象団体
•ボランティア活動に相当の実績があり、活動基盤が整備されている特定非営利活動法人及びボランティア活動団体

2 助成対象事業
•高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な各種器材の整備事業 (5万円を超えるもの)
•交付決定後、平成31年3月31日までに実施する事業

3 助成基準
•助成率10分の9以内で、限度額 900千円

4 受付期限
•平成30年7月6日(金曜日)まで

5 提出先
•福井県共同募金会

logo.png

koubo01.png

福井県共同募金会では、地域に暮らす方々が共にたすけあい、安心して生活が送れるような地域社会づくりをめざして、地域や社会を少しでも良くしようとがんばっているボランティアグループやNPO・市民団体に対し助成を行なっています。

助成申請募集のおしらせ


takeda.png
武田薬品工業株式会社の寄付プロジェクト「日本を元気に・復興支援」では、東日本大震災により福井県に避難されている方々を支援するために、避難者が直面している生活課題を解決するための情報や物品の提供、サロン活動の実施など小規模な活動を行うための助成を実施します。

こどもたちの明るい未来づくり基金.png

アサヒ飲料株式会社が設置する「こどもたちの明るい未来づくり基金」では、誰もが支え合う持続可能な地域社会の実現と子どもたちの健やかな成長を目的にこども食堂の運営費の助成アサヒ飲料の製品の寄贈を行います。
対象は福井県内で子ども食堂を実施している団体で20万円を上限とします。

活動風景.jpg

■ 雪害で困った人を助けるボランティア活動に緊急支援

今年2月、北陸地方上空に流れこんだ強い寒気の影響で福井市が積雪136㎝(6日午後2時現在)となるなど37年ぶりの記録的な大雪に見舞われ、嶺北を中心に大きな被害をもたらしました。
福井県共同募金会では、災害支援制度を適用し、独居老人や障害者など「雪害で支援が必要な人を助けるボランティア活動」を応援する災害緊支援を行いました。

今回、「災害等準備金」を活用し下記の4団体を通じて、独居高齢者や障がい者など1,000世帯以上の安否確認や100世帯を超える除雪活動、ボランティア活動に必要な雪かき資機材の提供など142万円の支援を実施しましたのでご報告させていただきます。

※災害支援には、被災者にお見舞いをお配りする「義援金」、被災者を支える人の活動を応援する「支援金」、災害に備えて、あらかじめ蓄えたお金で被災者を支援する「準備金」があります。 今回の雪害ボランティアの支援は「準備金」で支援を行いました。

■ 助成内容

越前市社会福祉協議会(支援が必要な安否確認、雪かき資機材の貸出、ボランティアを集めた一斉雪かき活動)850千円、勝山市社会福祉協議会(安否確認と生活物資の支援、訪問及び雪かきを含めた生活支援)220千円、永平寺町社会福祉協議会(安否確認と生活道路の除雪、生活物資の支援)330千円、スノーバスターズ上志比(安否確認と除雪)20千円

災害ボランティアタイトル.jpg
■ 目的
平成30年2月4日からの大雪による災害により、多数の方が雪の被害を受ける恐れがあることから、福井市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、永平寺町、越前町に災害救助法が適用されました。
そこで、福井県共同募金会では、災害支援制度を活用し、雪害に伴う対策や救援活動を行っているボランティア活動や、被災者の生活支援を行う活動を支援します。
特に、高齢で除雪活動が困難な方、障害をお持ちの方に対して実施する除雪活動や支援が必要な人を訪問して生活に必要な支援を行う活動を支援します。

[事業例]
〇高齢者や障がいをお持ちの方を訪問し、雪かきを含めた生活支援を行う活動
〇医療機関・福祉施設など、復旧が優先される場所の雪かき
〇雪かき資機材を必要としている地域への資機材の配送
〇雪で外出ができない方の買い物の代行、薬をとりにいくなど生活支援を行う活動
〇積雪が多く支援が必要な方が多い地域でボランティアを集め一斉に雪かきを行う活動等

福井県共同募金会では、「ありがとう運動」と題して、県内の高等学校等を訪問し、共同募金がどのような事に活かされているのか、助成団体と一緒にメッセージを伝える取り組みをしています。
20171107_141619.jpg

DSC09453.JPG
中央競馬馬主社会福祉財団の施設整備等の助成金が決定し、9月7日に福井県社会福祉センターで交付決定通知の交付式が行われました。 
助成決定した法人は次の通り、助成決定団体:(福)げんきの家(倉庫改修工事)510,000円、(特非)ハートオブマインド(運搬用車両)1,060,000円、(福)福授園(レジスター・ラベルプリンター)210,000円、(特非)福祉ネットこうえん会(送迎車両)980,000円、(福)慶長会(送迎車両)1,030,000円、(福)あすなろ会(福祉車両)530,000円、(福)高志福祉会(送迎用車両)440,000円

助成を希望される方は、福井県共同募金会が窓口になっておりますのでご連絡ください。

1 助成対象施設
社会福祉法人等(保育所)

2 助成対象事業
保育所の補修改善事業
完成後15年以上経過した保育所で老朽化により利用上支障をきたし、原状回復が必要と認められる事業
(ただし、財団の助成を受けて補修事業を完了してから5年間は申請できません。)

3 助成事業実施期間
交付決定後、平成30年3月31日までに終了する事業

4 助成基準
助成対象経費の2分の1以内、限度額は300万円以内
各県 1施設

5 受付期限
平成29年6月30日(金曜日)まで

6 提出先
福井県共同募金会 (担当 帰山)
TEL 0776-22-1657
FAX 0776-22-3093


logo.png

中央競馬馬主社会福祉財団.png

施設整備等助成事業の助成を受けるには
-施設整備等助成事業の概要-
中央競馬馬主社会福祉財団は、社会福祉法人、特定非営利活動(NPO)法人等が運営する社会福祉施設等に対する施設整備等の助成事業を行っています。
主な対象事業は、福祉車両、送迎用車両、特殊浴槽等備品の購入又は施設の設置、増改築及び各種修繕工事等で、各種施設の運営に必要なものとなっています。
この事業の助成金の申請は、共同募金会で受付けています。(6月末締め切り)
応募等の詳細については、中央競馬馬主社会福祉財団のホームページをご覧ください。
・中央競馬馬主社会福祉財団のホームページ

中央共同募金会では、平成28年熊本地震被災地等で活動するボランティアグループ・NPO等に対し、助成を希望される団体向けの「ボラサポ・九州」の助成応募受付が始まりました。

「ボラサポ・九州」 助成対象団体は、被災地をじめ全国で、熊本地震で被災された方々への救援・支援活動を現に行うボランティアグループ、NPO法人、社会福祉法人、学校法人、公益法人等です。5人以上の団体・グループに対して活動費用を助成します。法人格の有無は問いません。

<応募要件となる団体の条件(主なも)>※団体の規約等、提出が必須となる書類があります。
・救援・支活動の実態があり第三者から活動の実態が裏付けれること。
・その活動・事業から生じる利益を構成員に分配しないこと。
・5名以上で構成されていること。
・ボラサポ九州に応募することついて組織としての合意・決定が行なわれていること。

<応募要項はこちら>
「ボラサポ・九州」応募要項(第1版)【第1次応募用(2016年6月3日 受付開始)】

中央共同募金会ホームページに設ける「ボラサポ・九州」応募用フォームからご応募ください。

中央共同募金会では、平成28年熊本地震被災地等で活動するボランティアグループ・NPO等に対し、助成を希望される団体向けの「ボラサポ・九州」応募要項を発表しました。
なお、応募は6月3日(金)より中央共同募金会ホームページに設ける「ボラサポ・九州」応募用フォームからご応募ください。

<応募要項はこちら>
「ボラサポ・九州」応募要項(第1版)【第1次応募用(2016年6月3日 受付開始)】

P1000262.JPG全国の都道府県共同募金会では、災害に備えて赤い羽根一部を積み立て、災害発生時に被災地の害ボランティアセンターの運営等に助成を行う「災害等準備金」制度を設けています。

今回の地震被害規模、また熊本県内17か所(最大時)で開設された災害ボランティア活動の状況により、全国の都道府県共同募金会から熊本県共同募金会に合計2億6千万円を拠出することが決定しました。

全国各地で、毎年多くのみなさんにご協力いただてる赤羽根共同募金から積み立てられる「災害等準備金」が、平成28年熊本地震被災の災害ボランティア活動を支えます。

助成申請の書き方教えます.png

助成申請の相談はいつでも受付けていますので気楽にご連絡ください。

締め切りまじかになりますと混雑が予想され、
十分な対応できない事がありますので
事前説明会の参加をお薦めしています。

事前説明会は、初めて共同募金の申請を考えている団体や新しい事業で申請を考えている団体を対象に、公募要領の説明や申請書の書き方、個別相談を行います。

助成申請を予定している団体はチラシの裏面の申込書にて5月12日までにFAXでお申し込みくださるようお願いします。

 記

1 日 時 平成29年5月22日(月) 13:30~15:30
2 会 場 福井県社会福祉センター2F点字室
(〒910-0026 福井市光陽2-3-22 TEL 0776-22-1657 )
3 対 象 福井県内で広く(市町域を越えて)活動している団体
4 定 員 10団体
5 お問い合わせ 0776-22-1657 (担当:鷹尾)

title_takeda.png

中央共同募金会では、武田薬品工業株式会社の寄付プロジェクト「日本を元気に・復興支援」から約2億円を寄託され、東日本大震災により被災3県外に避難されている方々を支援するプログラムを行っています。

被災者が、「今」直面している生活課題を解決するため、各地の活動団体が、悩みを聞き出すサロン活動や必要な生活用品を給付、お米券の配布を通じたニーズの聞き取りなどに取り組んでいます。
助成の申請受付は県共同募金会が行っていますので、5月末日までに申請ください。
(共同募金の助成申請と同じ様式で受け付けています)

東日本大震災の広域避難者の支援事業

NHK歳末[1].jpg
助成受けるって難しそう。
なかなかうまく書けないなあ。
私たちが対象になるのかしら。

そんな、心配されている方のために、助成申請の書き方や事業内容の相談を行う
事前説明会を開催します。
参加されたい場合にはご連絡お願いします。
(連絡先:0776-22-1657)

simekiri.jpg


赤い羽根の助成申請の締切まで、あと数日に迫りました。
毎年、締切日になって大変混み合いますので、お早めの申請書の作成をおすすめします。

■ 助成申請書はこちらからダウンロードできます 
■ 申請受付締切 平成27年5月29日(金)
■ お問いあわせ TEL0776-22-1657 鷹尾(たかお)まで

koubo.jpg

受付窓口はこちらで確認してください
申請受付窓口一覧

助成申請説明会.tif

池田町からありがとう.jpg池田町は高齢化率が福井県で最も高い町です。一人暮らしの高齢者の方も多く自宅にこもりがちやすい状況や食事のかたよりが心配されています(池田町社会福祉協議会)

申請って難しそう。
なかなかうまく書けないなあ。
私たちが対象になるのかしら。

そんな心配されている方のために、共同募金の申請書の書き方や事業内容の相談を行なう事前説明会を開催します。

申請書の書き方教えます。.jpg


公益財団法人大和証券福祉財団では、ボランティア活動を目的とした団体・グループを支援しています。特に在宅老人や障がい児・者、児童問題等に対するボランティア活動に対して1団体あたり上限30万円を助成します。

応募期間:平成24年8月1日~平成24年9月15日
助成対象期間:平成25年1月~12月の活動に対しての助成

詳しくはこちらをご覧下さい

NHK.jpg3月2日に福井県社会福祉センターで「NHK歳末たすけあい」の助成決定通知書の交付式をおこないました。助成金は昨年12月1日から25日までに集まった浄財のうち6,020千円を交付しました。
助成決定した団体は次のとおり。

現時点での義援金送金状況については、以下のとおりです。
計3,048億5,480万4,560円(11月15日現在)
(内訳)
第一次配分  1,029億7,801万円
第二次配分  2,018億7,679万4,560円

(都道県内訳)
北海道 9,432,272円
青森県 705,725,072円
岩手県 31,942,309,984円
宮城県 147,238,226,640円
山形県 7,888,560円
福島県 100,240,442,720円
茨城県 15,299,442,160円
栃木県 1,949,744,800円
群馬県 4,741,136円
埼玉県 140,560,368円
千葉県 6,702,252,688円
東京都 206,976,272円
神奈川県 101,139,664円
新潟県 176,427,840円
長野県 129,494,384円

※中央共同募金会並びに日本赤十字社は、各都道県に対して合同で義援金を送金しており、
上記については両者合算の送金額となります。
※各都道県から市町村、被災者個人への送金の詳細については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

DSC04661.JPG 中央共同募金会と日本赤十字社では、各被災県へ第2次配分として6月17日に義援金1,446億円を送金しました。義援金の送金額は、既に送金した第1次配分と合わせ2,289億円になります。この義援金は、各被災県の義援金配分委員会から被災者へお届します。
募金はコチラをご覧ください

中央共同募金会及び日本赤十字社は、各県に設置された義援金配分委員会からの依頼により義援金を送金しています。
この義援金は、各県の義援金配分委員会から各被災者へ公平に配付されます。

5月30日(月)現在:798億3,380万円

北海道     35万円
青森県     2億7,190万円
山形県     123万円
岩手県     101億5,255万円
宮城県     306億9,338万円
福島県     350億4,500万円
栃木県     3億9,638万円
長野県     3,891万円
新潟県     2,678万円
群馬県     53万円
茨城県     27億8,551万円
千葉県     3億8,989万円
埼玉県     1,032万円
東京都     1,967万円
神奈川県     140万円

東北と
一緒にがんばる
福祉施設を支援します。

災害準備金制度では、被災県から本県に避難した方々を福祉施設で受入れる際に必要な機器整備や施設修理、改造等の費用を支援します。

2010_H22_03.jpg競輪・オートレースの収益金による補助事業を行っている(財)JKAは、「平成23年度 補助方針」に基づき、社会福祉の推進の事業(施設建築、福祉車両・機器整備等)を募集しています。

申請受付は、平成22年11月5日~同年12月6日まで。
(財)JKA

2010.3助成交付式.JPG
3月30日に福井県社会福祉センターで一般共同募金の広域助成分およびNHK歳末たすけあい義援金について、広域助成事業団体の82団体に対して共同募金助成決定通知書の交付式を実施しました。
式では助成を受けた団体を代表して、県保護司会連合会の山崎義昭会長が清川忠会長から通知書を受け取りました。

歳末たすけあいに.jpgNHK歳末たすけあい義援金では、新たな年を迎える時期に、高齢者や障害者、子育て家庭の孤立や孤独を無くし、交流活動や訪問活動等を通じて支援を必要とする方々やその家族を支える取り組み等を支援します。
申込方法はこちら

top.gif財団法人JKA(旧:日本自転車振興会・日本小型自動車振興会)が行う平成22年度公益事業振興補助事業の「社会福祉の増進に係る分野についての要望」を福井県共同募金会の窓口で受付けています。